ランディングページ(以下、LP)を制作する上で必要なことはなんですか?…

WebマーケティングのQ&A

ランディングページ(以下、LP)を制作する上で必要なことはなんですか?

【ポイントはたった6つ】
実は6つに集約されます。一般的にデザイン・見た目を重要視する企業もありますが、実はそれだけではありません。

【①/コンセプト】
もっとも重要なのはコンセプトです。1つ目のポイントになるのですが、制作前に現状・市場ニーズ・競合などの分析をいかにできるかがランディングページの成否のカギになります。

【②/キャッチコピー】
2つ目は3秒でユーザーの心に刺さる「キャッチコピー」を用意することです。商品の効果を示す数字や台詞のようなコピーなど、商材を使った結果が見えるコピーをつくります。

【③/ボディコピー】
3つ目は読み進めてもらえる「ボディコピー」を使うことです。ユーザーの不安や疑問を解消するボディコピーをつくることで、ユーザーはサイトから離脱せず安心して読み進めます。

【④/クロージングコピー】
4つ目は最後のひと押しとなる「クロージングコピー」を用意します。せっかく見込み客を集めても、クロージングの質が低いと成約につながりません。最後にユーザーの背中を押すコピーが不可欠です。

【⑤/購入ボタン】
5つ目は購入ボタンの色にもしかけを施すことです。彩度の高い暖色を使用し、さりげない動きをつけると購入への誘導率が上がります。

【⑥/代表者の写真】
最後6つ目は、一般的なことですが代表者あいさつや社員の顔を見せることです。商品訴求とともに、誰が売っているのかをユーザーに知らせて安心感を与えることも大切です。

以上、たった6つのポイントを押さえるだけで成果のでるサイトが作れるようになります。実際弊社でも上記の施策を行い、コンバージョン率が●倍になりました。

回答者:Webマーケティングの専門家

株式会社FREE WEB HOPE

相原 祐樹
 相原 祐樹

この専門家の紹介ページはこちら

具体的な回答を直接専門家から得ることができます

この回答は、各掲載プロフェッショナルから提供されています。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(株式会社幕末)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社幕末

その他のWebマーケティングのQ&A

経営課題を専門家に相談できるサイト 専門家 131人 掲載中

Copyright © 2013 KEITSU. All Rights Reserved.