縦長のランディングページを作ってPPC広告(リスティング広告)で集客していますが、いまいち満足出来ま…

WebマーケティングのQ&A

縦長のランディングページを作ってPPC広告(リスティング広告)で集客していますが、いまいち満足出来ません。何が悪いのでしょうか?

【流入キーワードを確認】
まず初めにチェックすべき重要な事は、「流入キーワードにマッチしているかどうか」です。
例えば、あなたが便利でカンタンに使える会計ソフトを販売していると仮定しましょう。流入キーワードはこんなものが考えられます。
・「会計ソフト 安い」
・「経理ソフト 簡単」
・「会社 会計ソフト」
・「会計ソフト ランキング」

【キーワードごとに属性を考える】
キーワードごとの属性を簡単に考えてみましょう。
・「会計ソフト 安い」/会計ソフトを導入してみる気はあるけど、値段が気になる人。
・「経理ソフト 簡単」/簡単な会計ソフトを探している。使い勝手がよければ値段はあまり気にしない。めんどくさがり。
・「会社 会計ソフト」/まだ何も導入していないが日々の経理計算を代表者がやっていて、それがめんどくさくなった人。
・「会計ソフト ランキング」/買う気は高いが何を買っていいかわからないので、ひとまず売れ筋をチェック。

【すべてのキーワードに合うランディングページを作成する】
ほとんどの方は、この複数のキーワードに対して1つのランディングページで勝負する為、
成約率が悪くなります。

当社では、こういったユーザー属性の分析をし、ニーズのあるユーザーにピンポイントに響く
ランディングページを制作する為、失敗率が極端に低いのが特徴です。また、ここに書いてある事はほんの入り口の初歩的な事で、実際は多角的に状況や市場・競合を把握し、マーケティングをしていかなければなりません。

ただし、1つ間違いなく言えるとこは、
PPC広告とランディングページを改善することは、かなりの即効性があるという事です。

もし今迷っていて、どうしていいのかわからない状況なのであれば、無料相談をしてみてください。*ご相談は成約を前提としたものでは御座いませんので、ご安心ください。

回答者:Webマーケティングの専門家

株式会社FREE WEB HOPE

相原 祐樹
 相原 祐樹

この専門家の紹介ページはこちら

具体的な回答を直接専門家から得ることができます

この回答は、各掲載プロフェッショナルから提供されています。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(株式会社幕末)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社幕末

その他のWebマーケティングのQ&A

経営課題を専門家に相談できるサイト 専門家 131人 掲載中

Copyright © 2013 KEITSU. All Rights Reserved.