ウェブサイトをスマートフォン、タブレットに対応する手法について教えてください。…

システム開発のQ&A

ウェブサイトをスマートフォン、タブレットに対応する手法について教えてください。

最近、流行りの手法としては「レスポンシブウェブ」になると思います。

レスポンシブウェブというのは、PCサイト、スマホサイト、タブレットサイトを1つのソースコードで全てのデバイスに対応させるための開発手法の1つになります。メリットとしては、ソースコードを統一することによってドメインをデバイス別に分ける必要がなく統一したURLでユーザーに、デバイスに最適化されたUIで情報提供が可能になりSEO的に推奨されるとされています。

一方で、「レスポンシブウェブ」の開発手法は全てのサイト開発において適用できる訳ではありません。

デメリットのポイントとしては以下のようなものがあります。

1.ワンソースの分、スマホでみる場合に不要なソースをダウンロードさせる必要がある(重くなる)
2.スマホで閲覧した際にPCサイトを見せることができない
3.各デバイス別にUIを最適化しようとした場合にUI改修に制限がある

これを補完する手法としては、スクラッチでスマホ最適化サイトを開発するか、サイト変換サービスの導入があります。

サイト変換サービスは大きく3つに分かれます。

1.CSS変換タイプ
2.Proxy変換タイプ
3.端末変換タイプ

CSS変換タイプは、擬似的にレスポンシブウェブ用にデバイスに応じたCSSを適用することによって各デバイス対応を行うためのソリューションですがHTML構造を変更できないため、スマホ・タブレット用に独自のUIを実現させたい場合に不利となります。

Proxy変換タイプは、変換サービスの一番オーソドックスなタイプとなります。このタイプの変換サービスの場合、スマホ、タブレット用にHTMLならびに表示させるためのテンプレートを個別に持っていることから画面のUIを自由に行うことができます。ただASPタイプで提供される場合にはモバイル用のサブドメインを用意する必要があります。

最後の端末変換タイプは、Proxy変換タイプと同様の画面の自由度を実現でき、かつURLを統一したままで各デバイスに最適化できます。このタイプのメリットはレスポンシブウェブの基本コンセプト、OneURLマルチデバイス対応でありながら、レスポンシブウェブの欠点(上に記載のような)をカバーすることができる開発手法として今後注目されるものと予想しています。

各手法において、メリットやデメリット、特徴が様々ございますが、ぜひともどのような形で制作されるのか、一度専門家の方に相談してみてください。

回答者:システム開発の専門家

株式会社アイスリーデザイン

芝 陽一郎
代表取締役CEO 芝 陽一郎

この専門家の紹介ページはこちら

具体的な回答を直接専門家から得ることができます

この回答は、各掲載プロフェッショナルから提供されています。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(株式会社幕末)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社幕末

その他のシステム開発のQ&A

経営課題を専門家に相談できるサイト 専門家 131人 掲載中

Copyright © 2013 KEITSU. All Rights Reserved.