最近の園芸造園業界のM&A、事業承継にはどのような変化が見られますか。…

コンサルティングのQ&A

最近の園芸造園業界のM&A、事業承継にはどのような変化が見られますか。

園芸業界は、野菜の種子市場は堅調ですが、花卉(かき)の市場は消費者の節約志向から低迷しています。また、造園業は、典型的な労働集約型産業であり、天候など自然環境の変化により、不安定な事業になりやすいといえるでしょう。
園芸業界は、種苗の堅調で高付加価値商品など新商材の開発が進み、花卉については、大手冠婚葬祭会社との提携関係で生き残りを図っています。
造園業界は、公共事業の削減で一般土木事業者の新規参入が増えますが、都市緑化プロジェクトの推進による需要が見込まれています。
この他にも事業売却を考えられている企業様は個別に、無料相談メール又はお電話(03-6205-7994)でお問い合わせください。
弊社では完全成功報酬ベースでご対応いたします。

回答者:コンサルティングの専門家

かえでファイナンシャルアドバイザリー株式会社

代表取締役 佐武 伸

この専門家の紹介ページはこちら

具体的な回答を直接専門家から得ることができます

この回答は、各掲載プロフェッショナルから提供されています。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(株式会社幕末)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社幕末

その他のコンサルティングのQ&A

経営課題を専門家に相談できるサイト 専門家 131人 掲載中

Copyright © 2013 KEITSU. All Rights Reserved.