保険活用した節税対策を教えてください。…

税務・会計・事業支援のQ&A

保険活用した節税対策を教えてください。

<一時所得を活用する方法:生命保険金を受け取る場合>
相続財産が多い場合には、相続税が多額になり、納税後の手取額が少なくなります。例えば、相続財産が8億円で子供のみ2人いた場合、2億9,460万円の相続税がかかります。生命保険金を2億円受け取ったとしても、相続財産の合計が10億円となり相続税が1億1,300万円増加するので、手取額は8,700万円しか増加しません。そこで、生命保険金が、相続財産にならずに受け取る方法があります。それが、「生命保険金、一時所得プラン」です。本人が契約者となり本人に生命保険をかけた場合には相続税がかけられますが、子供等が親に生命険をかけ、相続発生時に子供等が保険金を受け取ると、一時所得として所得税が課税されます。

回答者:税務・会計・事業支援の専門家

黒永会計事務所

黒永 哲至
代表取締役社長所長 黒永 哲至

この専門家の紹介ページはこちら

具体的な回答を直接専門家から得ることができます

この回答は、各掲載プロフェッショナルから提供されています。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(株式会社幕末)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社幕末

その他の税務・会計・事業支援のQ&A

経営課題を専門家に相談できるサイト 専門家 131人 掲載中

Copyright © 2013 KEITSU. All Rights Reserved.