遺言書の書き方、自筆証明遺言書と公正証明遺言書のメリット・デメリットを教えて下さい。…

税務・会計・事業支援のQ&A

遺言書の書き方、自筆証明遺言書と公正証明遺言書のメリット・デメリットを教えて下さい。

相続を円滑、円満に行うための手段として遺言書があります。 私の経験上、「遺言書があったら、こんなに親、兄弟が争わなくても済んだのに・・・」と、 思われる事が数多くあります。 遺言書を書く事に抵抗があるという方がたくさんいますが、「遺言書は遺書ではない」と いう言葉があります。 是非、御自分が亡くなった後、奥さんや子供さんが醜い遺産争いをして、一生没交渉に ならない様に、遺言書を書く事をお勧めします。 ここでは、遺言書の種類と、それぞれの作成方法、メリット、デメリットをみていきた いと思います。 遺言書には大きく分けて、普通方式と、特別方式の2つの方式があります。 自筆証書遺言書とは? 自筆証書遺言とは、遺言者本人が遺言を書き、署名、押印し、封をするという、最も知 られている方法です。 この方法の遺言書作成の注意点とメリット、デメリットをみてみましょう。 <注意点> ①自分で書く 内容、氏名、日付、全て自分で書きます。ワープロ、テープレコーダーは無効です。 ②日付は明確に 日付のない遺言書は無効です。ゴム印、日付印もダメです。必ず明確に、作成日を書き ます。書き直しの場合は、一番新しい日付のものが有効となりますので、日付は非常に重 要です。 ③自署、押印する 氏名は自署しますが、芸名、ペンネーム、通称でもかまいません。押印は実印、拇印、 認印いずれも認められますが、実印が望ましいでしょう。 ④開封は家庭裁判所で 遺言は、必ずしも封印の必要はありませんが、遺言の性質上、封印が望ましいでしょう。 封印のある遺言書は、家庭裁判所で相続人立会いのもとで開封されて、検認をうけなけれ ばなりません。 <メリット> ①費用がかからない ②内容がだれにも知られず、秘密にできる ③いつでも、すぐに簡単に書ける ④証人がいらない <デメリット> ①形式、要件が整ってないと、無効となる ②紛失の危険がある ③発見後、破棄、改ざん等の恐れがある 公正証書遺言書とは? 自筆証書遺言は、簡単で費用もかからず、作成しやすい方法ですが、紛失、改ざん、破 棄の危険等のデメリットもあります。 そこで、安全、確実な方法としてよく使われる遺言が、公正証書遺言書です。 公正証書遺言は、全国各地の公証役場に行き、公証人の前で財産目録、登記簿謄本等の 明細資料、遺言者、推定相続人の戸籍謄本、印鑑証明等の書類を提出し、遺言内容を口述 します。公証人から次回手続きの日時の指示をうけますので、遺言者はその時までに、証 人 2 人を用意しなければなりません。その後、公証人はその内容にそって、公正証書遺言 書を作成し、その 2 回目の手続き時に遺言者と 2 名の証人の面前で、確認をとり、全員に 署名押印(実印)してもらい、完成させます。 費用は、公証人手数料がかかります。ちなみに 1 億円の財産総額で 43,000 円、3 億円で 95,000 円ですので、安全性、有効性からみても、それほど高額とはいえないと思います。 <メリット> ①安全性が高い 公証人役場に保管されますので、紛失、改ざん、破棄の危険が少ない方法です。 ②有効性が高い 公証人が作成するので要件不備で無効になる事はありません。 ③検認がいらない 公正証書遺言なので、家庭裁判所の検認はいりません。 <デメリット> ①証人が 2 人以上必要 証人は親族、利害関係者以外で 2 名以上用意しないといけません。 ②費用がかかる 自筆証書遺言は費用がかかりませんが、公正証書遺言は公証人手数料が財産額に応じて かかります。 ③秘密の保持 証人の前で、内容が明らかになるので、秘密の保持という意味では完全ではありません。

回答者:税務・会計・事業支援の専門家

黒永会計事務所

黒永 哲至
代表取締役社長所長 黒永 哲至

この専門家の紹介ページはこちら

具体的な回答を直接専門家から得ることができます

この回答は、各掲載プロフェッショナルから提供されています。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(株式会社幕末)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社幕末

その他の税務・会計・事業支援のQ&A

経営課題を専門家に相談できるサイト 専門家 131人 掲載中

Copyright © 2013 KEITSU. All Rights Reserved.