海外企業のM&AなどでIFRSという言葉を耳にします。IFRS(国際財務報告書基準)とは何…

税務・会計・事業支援のQ&A

海外企業のM&AなどでIFRSという言葉を耳にします。IFRS(国際財務報告書基準)とは何?

IFRSとは、IASB(国際会計基準審議会)が定めた会計基準で、
日本語訳で「国際財務報告書基準」、英語(カタカナ)では一般的に「イファース」と読まれ、
現在100カ国以上が採用または、受け入れ態勢を整えています。

日本でも2010年3月期から任意適用、20社を超える上場企業が適用してます。

日本における会計基準が「規則主義」であるのに対し、IFRSは「原則主義」であり、
また、利益の面でも日本は「純利益」に着目しているのに対し、IFRSは「包括利益」を重視しています。

※ IFRSの包括利益の計算方法
包括利益=当期純利益+少数株主損益(税引き後)+為替換算調整勘定+年金債務調整額+未実現有価証券損益+未実現デリバティブ損益

■ M&Aでの留意点は下記の通りです。
(1) 持分プーリング法の廃止
(2) 株式を取得対価とする場合の時価の測定日
(3) 段階取得の会計処理
(4) 少数株主持分の測定
(5) 負ののれんの会計処理
(6) 在外子会社株式の取得により生じたのれんの会計処理
(7) 企業結合等により受け入れた無形資産の会計処理
(8) 企業結合に係る特定勘定の処理の見直し
(9) 仕掛中の研究開発費の取扱い

IFRSは一般的に、クロスボーダーM&Aがその恩恵を最も大きく受ける可能性があるとされています。

回答者:税務・会計・事業支援の専門家

M&Aキャピタルパートナーズ株式会社

代表取締役社長 中村 悟

この専門家の紹介ページはこちら

具体的な回答を直接専門家から得ることができます

この回答は、各掲載プロフェッショナルから提供されています。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(株式会社幕末)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社幕末

その他の税務・会計・事業支援のQ&A

経営課題を専門家に相談できるサイト 専門家 131人 掲載中

Copyright © 2013 KEITSU. All Rights Reserved.