M&A、事業承継に関わる税金とは?会社を売却した場合、売り手にはいくら税金がかかるのでしょ…

税務・会計・事業支援のQ&A

M&A、事業承継に関わる税金とは?会社を売却した場合、売り手にはいくら税金がかかるのでしょうか。

【個人株主の場合】
個人株主が非上場株式を売却して収入を得た場合、申告分離課税により20%(国税15%、地方税5%)の譲渡所得税が発生します。

譲渡益については、以下の計算式で算出できます。
譲渡益=売却代金-(取得費 + 譲渡費用 + 借入金利子等 )

取得費・譲渡費用・借入金利子とは下記のことを指します。

取得費  :実際の取得価額、若しくは売却代金の5%を概算取得費とすることができる
譲渡費用 :譲渡するために要した費用(消費税含む)
借入金利子:株式を取得するための負債利子で、譲渡した年内(譲渡年の1月1日~譲渡日まで)に支払うべき金額

【法人株主の場合】
会社が株式を譲渡し、譲渡益が発生した場合には、その譲渡益に対し法人税が課されます。
譲渡益 = 売却代金 - 取得価額

取得原価:実際の取得価額、概算取得費の適用は不可

回答者:税務・会計・事業支援の専門家

M&Aキャピタルパートナーズ株式会社

代表取締役社長 中村 悟

この専門家の紹介ページはこちら

具体的な回答を直接専門家から得ることができます

この回答は、各掲載プロフェッショナルから提供されています。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(株式会社幕末)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社幕末

その他の税務・会計・事業支援のQ&A

経営課題を専門家に相談できるサイト 専門家 131人 掲載中

Copyright © 2013 KEITSU. All Rights Reserved.