一度接点を持った見込み客に対し、再度アプローチして受注に繋げたいのですが、手間を考えると、日々の業務…

営業・マーケティングのQ&A

一度接点を持った見込み客に対し、再度アプローチして受注に繋げたいのですが、手間を考えると、日々の業務に忙殺されてなかなか手が回りません。何かよい方法はないものでしょうか?

失注した顧客や休眠顧客などへのアプローチは電話、メール、書面などの手段が考えられますが、いずれも手間がかかり労力を要するため、手を付けられなかったり、手を付けたとしてもなかなか継続できないのが一般的になっているようです。
そのため、できるだけ簡単により多くの顧客へアプローチするためのツールの導入は必須になります。

当社では、名刺管理システムを用いた、一括メール送信で一度接点を持った顧客に対してアプローチできるシステムを提供しています。
単なるメールマガジンとは異なり、送信者名に営業担当者、宛先には顧客氏名を入れることができ、1対1でメールを送っているようなシステムになります。

実際にいままでフォローを行っていなかった顧客リスト419件に対して一括メールお送りして、返信を94件いただき、そこから7件が受注に結びついた実績など成功事例には事欠きません。

しかも、顧客データの取り込みは日々の営業活動で交換した名刺をスキャンするだけ。オペレーターが目視で名刺の文字を入力してくれるため、99.9%の精度で手間なくデータ化できます。

詳しくは専門家のアドバイスをお求め下さい。

回答者:営業・マーケティングの専門家

Sansan株式会社

沢邉 崇
Sansan事業部 沢邉 崇

この専門家の紹介ページはこちら

具体的な回答を直接専門家から得ることができます

この回答は、各掲載プロフェッショナルから提供されています。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(株式会社幕末)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社幕末

その他の営業・マーケティングのQ&A

経営課題を専門家に相談できるサイト 専門家 131人 掲載中

Copyright © 2013 KEITSU. All Rights Reserved.