サービスオフィスとレンタルオフィス・バーチャルオフィスの違いは?…

オフィスのQ&A

サービスオフィスとレンタルオフィス・バーチャルオフィスの違いは?

サービスオフィスとレンタルオフィス・バーチャルオフィス、名前こそ似ていますが、その特徴は違います。

サービスオフィスは、デスクやチェアなどのオフィス家具や電話・ インターネットや電話等の通信インフラが予め備えられた専用 オフィスです。
また、ロビーやOA機器を備えたビジネスサポートセンター・ レンタル会議室・ラウンジ等のパブリックスペースと、常駐受付秘書による様々な ビジネスサポートが利用可能。
サービスをさまざまな規模の企業がシェアすることにより、必要 に応じ必要なサービスのみ利用が可能でオフィス運用コストの最適化を実現。

レンタルオフィスは、個室やパーテーションで仕切られた自分専用のブース(スペース)があります。そういった個別のスペースでは、取引先の相手との待ち合わせをしたり、ビジネスの商談、ひとりで集中して仕事をする時など、場所が必要な方に適した簡易オフィスです。

また、バーチャルオフィスの場合は、個別のブースや会議室といった“場所”を提供していません。基本的には、住所レンタルや郵便物の受け取り代行などのサービスを提供しています。

サービスオフィス・レンタルオフィスは法人向けサービスになっており、バーチャルオフィスは個人向けにサービスを提供しています。

詳しくは専門家のアドバイスをお求め下さい。

回答者:オフィスの専門家

株式会社VISIX

代表 藤本 憲太郎

この専門家の紹介ページはこちら

具体的な回答を直接専門家から得ることができます

この回答は、各掲載プロフェッショナルから提供されています。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(株式会社幕末)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社幕末

その他のオフィスのQ&A

経営課題を専門家に相談できるサイト 専門家 131人 掲載中

Copyright © 2013 KEITSU. All Rights Reserved.