株式会社サウザンドクレイン 高橋 良太様インタビュー | 経営課題を専門家に相談 イチゾウ

株式会社サウザンドクレイン 高橋 良太様インタビュー

株式会社サウザンドクレイン 高橋 良太様インタビュー

株式会社サウザンドクレイン 代表取締役 高橋 良太

テレマーケティングは、20年以上も市場が伸びている成長産業だ。その市場規模は5000億円以上。ただし、大手企業が80%のシェアを握る寡占市場でもある。そんな寡占市場の中で、独自戦略を武器に大手企業に真っ向勝負を挑んでいる企業がある。今回紹介するサウザンドクレインだ。同社は2009年に新規クライアント数が150社を突破し、売上140%成長を実現。業界の後発企業でありながら、7期連続で増収を達成している。その成長の理由は何なのか。今回は代表の高橋氏に話を聞いた。

この専門家の紹介ページはこちら

※下記は経営者通信9号(2010年11月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

 ―現在の不況下、売上ダウンに悩む企業は多いと思います。低コストで自社の売上を伸ばす方法はありますか。
高橋:あります。電話を軸に、Eメール、Web、DMなど、複数のマーケティング手法を組み合わせることです。マーケティング手法には、それぞれ特長があります。たとえば、電話の特長は低コストで顧客と一対一のコミュニケーションがとれること。Webの特長は、見込みの高い顧客を効率的に開拓できることです。ひとつの手法だけではなく、これらの複数の手法の特長を組み合わせた方が、効果的に売上を伸ばすことができます。

―具体的にどう組み合わせればいいのですか。
高橋:当社が過去にクライアントを支援した事例をお話しします。たとえば、顧客リストが全くない状態で、ゼロから個人向けに化粧品を販売したケース。まず当社はWeb上でプレゼントキャンペーンを実施し、プレゼント応募者から「お肌の悩み」についてアンケートを回収しました。そして、このアンケートの回答者を「性別」、「年齢別」、「悩み別」などで分け、顧客リスト化しました。通常、見込みの高い顧客リストを作るには、1件当たり2000円近くのコストがかかります。それをわずか数分の1のコストに抑えられたんです。次に、この見込顧客に対してDMとEメールを送り、商品の案内をしました。しかし、DMとEメールだけでは、なかなか成約にはつながりません。そこで、後日にDMとEメールを送った見込顧客にフォローの電話をかけました。「先日、新商品を紹介させて頂きましたが、分かりにくい点はありませんでしたか?」と。すると、見込顧客と会話がスムーズに進み、クロージングの成功率が格段にアップするんです。つまり、単にDMやEメールだけでなく、電話も組み合わせることで、成約率を高められたわけです。

―ここからは御社の事業戦略について聞きたいと思います。御社は2009年度、昨対比で売上140%成長を実現しました。不況下でも御社が成長を続けている理由は何ですか?
高橋:まずテレマーケティング業界の概況からお話しします。テレマーケティング業界の市場規模は5000億円以上。そのうち、数社の大手企業が8割のシェアを占めています。そして、残りの2割を数千社もの中小企業で分け合っている状態です。この状況を踏まえ、当社は3つの戦略を立てました。1つ目は「ポジショニング戦略」。テレマーケティング会社の主力事業は、※インバウンドと※アウトバウンドの2つに分けられます。そして、大手テレマーケティング会社はインバウンドが主体。そこで、当社は創業以来、あえてアウトバウンドに特化しています。アウトバウンドに最適な事業内容、組織体制を構築し、クライアントに高い成果を提供してきたんです。

東京

株式会社サウザンドクレイン

代表取締役 高橋 良太
テレマーケティングの常識破壊企業
低コストで売上が上がるテレマーケティングとは

この専門家の紹介ページはこちら

無料メール相談で、ちょっとした疑問もすぐ解決できます。

  • 小売業、ECなど
  • 営業・マーケティング
  • 中小~大手企業
  • 全国

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(株式会社幕末)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社幕末

経営課題を専門家に相談できるサイト 専門家 131人 掲載中

Copyright © 2013 KEITSU. All Rights Reserved.