株式会社サウザンドクレイン 高橋 良太様インタビュー | 経営課題を専門家に相談 イチゾウ

株式会社サウザンドクレイン 高橋 良太様インタビュー

株式会社サウザンドクレイン 高橋 良太様インタビュー

この専門家の紹介ページはこちら

※下記は経営者通信9号(2010年11月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―なるほど。では2つ目の戦略を教えてください。
高橋:「サービス戦略」です。当社は質・価格・スピードの面で、大手テレマーケティング会社を上回るサービスを提供しています。まず”質”の面では、テレマーケティングに限らず、EメールやWebサイト、DMなどを効果的に組み合わせて活用しています。その結果、大手テレマーケティング会社の2倍以上の成果が出ています。また、スタッフの教育を徹底しているため、クレームも非常に少ないと自負しています。
 次に”価格”の面では、中小・ベンチャー企業でも利用しやすい価格に抑えています。初期コストは大手テレマーケティング会社のわずか数分の1です。そして最後に”スピード”の面。当社はクライアントからの問い合わせに、必ず当日中に対応しています。また、クライアントから案件の依頼を受けた場合、約2週間でサービスをスタートできます。これは業界でも相当速い。大手テレマーケティング会社の場合、1~2ヵ月はかかりますね。

―サービス面でも同業他社と徹底的に差別化を図っているわけですね。
高橋:ええ。そして3つ目の戦略は「人財戦略」です。アウトバウンドの場合、コールセンター運営の仕組みも大事ですが、何より人財力がポイントになります。ちなみに、この人財力とは経験豊富なオペレーターの在籍人数がカギになります。アウトバウンドのテレマーケティングのスキルは一朝一夕には身につきません。どんな優秀な人でも、一定の経験が必要。経験豊富なベテランオペレーターほど、高い成果を出すことができるんです。その点、当社のオペレーターは平均勤続年数が長い。約1.5~2年です。一方、大手テレマーケティング会社は平均0.5~1年。つまり、当社のほうが2倍近くも長い。この平均勤続年数が長いほど、当社の企業競争力は高まると考えています。

―なぜ御社のオペレーターは平均勤続年数が長いのですか。
高橋:自社で直接雇用しているからです。直接雇用したオペレーターは会社に帰属意識を持つため、長期雇用につながりやすい。一方、大手テレマーケティング会社では、オペレーターを自社で直接雇用していません。大半のオペレーターは「派遣社員」なんです。派遣社員の場合、派遣先の会社に対する帰属意識は低く、1年以内に辞める人が多いんです。さらに、当社では長期雇用を促すための仕組みをつくっています。たとえば、長期勤続手当。これは勤続年数によって、自動的に給与が上昇する仕組みです。その他にも、表彰会やクラブ活動などを行い、オペレーターが会社に定着してくれるように工夫しています。

―最後に、御社のビジョンを教えてください。
高橋:今後、当社は全国展開を進め、多くの企業の売上アップをサポートしていきたいと思います。実際、今夏には福岡に事業所を開設しました。今期中に大阪へ事業所の開設を予定しており、その後は名古屋もしくは札幌へと、東京で蓄積したノウハウを全国展開していきたいですね。そして2、3年以内にアジアを軸にしてグローバル化を進めていきたいと思います。また、当社は自社のサービスに絶対の自信を持っています。テレマーケティングに不安を持っている方は、ぜひ一度、当社のコールセンターを見学してみてください。見学の予約はいつでも受け付けていますので、ぜひお気軽にご連絡してほしいですね。

東京

株式会社サウザンドクレイン

代表取締役 高橋 良太
テレマーケティングの常識破壊企業
低コストで売上が上がるテレマーケティングとは

この専門家の紹介ページはこちら

無料メール相談で、ちょっとした疑問もすぐ解決できます。

  • 小売業、ECなど
  • 営業・マーケティング
  • 中小~大手企業
  • 全国

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(株式会社幕末)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社幕末

経営課題を専門家に相談できるサイト 専門家 130人 掲載中

Copyright © 2013 KEITSU. All Rights Reserved.