株式会社エグゼクティブ | 経営課題を専門家に相談できるサイト イチゾウ

営業・マーケティングのプロフェッショナル

東京

株式会社エグゼクティブ

法人営業に特化した、成果報酬型の営業代行・営業アウトソーシングで、新規顧客を開拓

  • 営業・マーケティング

無料メール相談で、ちょっとした疑問もすぐ解決できます。

業務委託型の営業代行/営業アウトソーシングのパイオニア

法人営業の新規顧客開拓専門の営業アウトソーシング会社として、数多くの企業の売上拡大に貢献。

  • 無形商材、高付加価値商材
  • 営業・マーケティング
  • 中小~大手の幅広い規模に対応可能
  • 関東

このプロフェッショナルのプロフィール

名前内山 隆
経歴1973年 山梨県生まれ
中堅ソフトウェアハウス勤務
2002年 中小企業診断士の資格を習得
2002年 株式会社エグゼクティブを設立
提供サービス最大のポイントは“営業管理”です。この営業管理を仕組み化し、将来顧客(潜在顧客)を掘り起こせば、必ず売上は上がります。そもそも、顧客は「現在顧客」と「将来顧客」の2種類に分けられます。現在顧客とは、受注済みの企業や近々受注見込みのある企業のこと。将来顧客とは、現在は受注の見込みが低いが、将来受注したい企業のことです。 そして、ほとんどの企業は現在顧客だけを管理し、将来顧客を管理していません。たとえるなら、PL(損益計算書)だけを管理して、BS(貸借対照表)を管理していない。つまり、重要な社内に蓄積された営業資産を管理していないわけです。将来顧客の情報は各営業担当者の頭の中にある。または、各自のノートにバラバラに書いてあるだけ。営業担当者が得た“今すぐは売上にはならないかもしれないが重要な情報”はほとんど管理されていない。これは大きな機会損失です。新規営業専門の管理システムを開発し、大きく4段階の管理をしています。まず最初に、将来お取引をしたい企業、つまりターゲット企業をシステムに入力します。次にターゲット企業へアプローチします。そして、その営業結果の中でも、「通常は営業担当者の頭の中だけにある情報」を1件1件入力していきます。具体的には、電話営業で相手から断られた理由・状況や当社の商品以外のニーズなど。最後に、すべてのターゲット企業に対し、「次にいつ、どんな行動をするのか」というアクションプランを明記します。このような情報管理によって、「ターゲット企業が、いまどんなことを考えているのか」、「当社がいつ何をすべきか」が明確になります。そして、これらの情報の蓄積が将来の売上を上げるための“営業資産”になるわけです。

企業情報

企業名株式会社エグゼクティブ
設立年月日2002年1月28日
代表者名代表取締役 内山 隆
事業内容法人営業代行
従業員数24名
所在地東京都中央区日本橋堀留町1-6-5 丸彦ビル4F
会社URLhttp://www.executive.jp/index.html

このプロフェッショナルへのインタビュー

営業・マーケティングのプロフェッショナルにイチゾウが独自取材!

眠っている将来顧客を掘り起こし、<br />
売上を上げる方法
眠っている将来顧客を掘り起こし、
売上を上げる方法

代表取締役 内山 隆

経営者通信インタビュー

営業・マーケティングについての疑問・相談など
お気軽にご連絡ください。

経営課題を専門家に相談できるサイト 専門家 131人 掲載中

Copyright © 2013 KEITSU. All Rights Reserved.