ワタミ株式会社 渡邉 美樹様インタビュー | 経営課題を専門家に相談できるサイト イチゾウ

わが経営論

ワタミ株式会社 渡邉 美樹様インタビュー

Vol.03

ワタミ株式会社 代表取締役会長・CEO 渡邉 美樹

ワタミが強い。不況の影響で外食マーケットが縮小する中、その強さは際立っている。2009年3月期、同社の連結売上高は1112億円(前年比7%増)、経常利益61億円(前年比18%増)。いずれも過去最高を記録。なぜワタミはここまで強いのか。その答えは同社の徹底した“理念経営”にある。「地球上で一番たくさんの“ありがとう”を集めるグループになろう」。代表の渡邉氏はこの理念を全社員4,000名と徹底的に共有し、ブレない経営を実現させた。この“理念経営”が不況下での過去最高益へと結実したのだ。今回、ワタミ流の“理念経営”の秘密に迫ってみた。

※下記は経営者通信3号(2009年9月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―不況の影響で外食マーケットが縮小を続ける中、御社の外食事業は順調です。

実はワタミにとって、不況は一種の追い風でもあります。なぜかと言うと、不況になると、お客様は居酒屋 を厳しく選別するようになる。そうなると、ワタミは強いんです。ワタミでは食材の安心・安全にこだわっています。野菜料理には、自社 農場「ワタミファーム」で採れた有機野菜のみを使っている。

すると、今までなら「居酒屋ならどこでもいい」と思っていた お客様が「せっかく大事なお金を使うなら、有機野菜を使っているワタミに行こう」とワタミを選んでくださる。さらにお客様は味や接客 の違いまで、しっかり見極めてくれます。ですから、外食マーケットが縮小しても、ワタミはシェアを拡大できるんです。おかげさまで、 不況で低迷していた外食事業の業績も今年3月に底を打ちました。

―この不況を乗り切るため、現場ではどんな工夫をしていますか。

最近では”串のない焼き鳥”をメニュー開発しました。一般的に「焼き鳥は串に刺してあるもの」という固 定概念があると思います。しかし、ワタミの現場社員からこんな提案があったんです。「お客様の大半は焼き鳥の串を抜いて、箸で召し上 がっています。

ならば、そもそも焼き鳥を串に刺さずにお出ししたらどうでしょう。そしてお出しする際は、冷たいお皿ではなく、熱い鉄 板に乗せましょう。そうすれば焼き鳥が冷めにくくなり、お客様にアツアツのまま召し上がって頂けます」と。

たしかにお客様の視点に立って考えると、この提案は理にかなっている。そこで、すぐに採用し、今年2月から”串のない焼き鳥”を提供 し始めたわけです。お客様からの評判は良いですね。「食べやすくなったし、アツアツでおいしい」というお声を頂いています。

また、この”串のない焼き鳥”によって大幅なコスト削減もできました。串を刺す人件費と串の材料費を削減でき、原価が半分に減っ たんです。この”串のない焼き鳥”が生まれたのは、現場社員がお客様の視点に常に立ち、ゼロベースで新しい発想をしたから。不況を乗 り切る工夫というのは、現場社員がお客様の視点に立つことで生まれるんです。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(株式会社幕末)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社幕末

経営課題を専門家に相談できるサイト 専門家 131人 掲載中

Copyright © 2013 KEITSU. All Rights Reserved.