澤田ホールディングス株式会社 澤田 秀雄様インタビュー | 経営課題を専門家に相談できるサイト イチゾウ

わが経営論

澤田ホールディングス株式会社 澤田 秀雄様インタビュー

Vol.04

澤田ホールディングス株式会社 代表取締役社長 澤田 秀雄

澤田秀雄氏は3つの企業をIPOへと導いた経営者だ。旅行業のエイチ・アイ・エス(以下、H.I.S.)、航空業のスカイマーク、そして証券業のエイチ・エス証券(以下、HS証券)。また驚くべきことに、これらの企業は不況期に大きな成長を遂げている。澤田氏はその理由を「時代の変化に適応し、経営のバランスを重視した結果」と語る。今回は澤田氏に不況期の経営術について聞いた。

※下記は経営者通信4号(2009年12月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―現在、「100年に1度の不況」だと言われています。澤田さんは現在の不況をどう捉えていますか。

景気は振り子のようなものです。慣性が働き、バランスをとるように動く。2004年頃から好景気の方向に大きく振れた分、いま逆の方向に大きく振れているわけです。

そして、また振り子は逆の方向に振れる。ですから、今回の不況も近い将来に抜け出せるでしょう。

―澤田さんは1980年にH.I.S.(当時、インターナショナルツアーズ)を創業して以来、これまでに経営者として数々の不況を乗り越えてきたと思います。不況期における澤田流の経営論を聞かせてください。

まず、不況はチャンスだということ。競合他社が経費を削減して、守りに入りますから。逆にこちらは、いつもの1.5倍ぐらいの元気で攻めるべきです。不況期は不動産が安い。原材料費が安い。広告費が安い。昨年と同額の広告予算で、1.5倍ぐらいの広告出稿ができます。しかも、競合他社が広告出稿を減らしているので、インパクトも大きい。つまり目立つわけです。

特に私たちHS証券のような、業界トップを追いかける立場の企業は攻めた方がいい。いまHS証券はトップの野村證券と大きな差があります。しかし、このチャンスを活かせば、将来No.1になれる可能性もあります。もちろん、不況はピンチにもなり得ます。変化の激しい時期はチャンスでもあり、ピンチでもある。幸と不幸はあざなえる縄のごとし。表裏一体、うらはらの関係なんです。いまはドラスティックなチャンスとピンチが同時にやってきています。

【不況期でも将来への投資を怠るな】
―不況期の経営者は短期的な視点に陥りがちです。どうやって経営のバランスをとればよいのでしょうか。

不況期には、利益の6~7割を短期的な投資に配分する。そして、残りの3~4割を中長期的な投資に配分すべきです。好景気の時は、この配分を逆転させます。短期的な投資を3~4割に抑え、中長期的な投資を6~7割に増やす。好景気の時は放っておいても業績が伸びるわけですから、将来に投資する。こうやってバランスをとるわけです。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(株式会社幕末)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社幕末

経営課題を専門家に相談できるサイト 専門家 131人 掲載中

Copyright © 2013 KEITSU. All Rights Reserved.