重光産業株式会社 代表取締役 重光 克昭 | 経営課題を専門家に相談できるサイト イチゾウ | ページ 2

わが経営論

重光産業株式会社 代表取締役 重光 克昭

※下記は経営者通信11号(2011年4月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―中国の味千ラーメンは、今では「中国ファーストフード企業トップ50」で4位に選出されるほどの急成長を遂げています。成功の要因は何ですか。

まずリッキーさんとデイジーさんのような素晴らしいパートナーに恵まれたこと。彼らは味千ラーメンの味を守りながら、「4つのP」に注力し、中国市場でのマーケティングを成功させてくれました(3P上図「マーケティング戦略4つのP」参照)。もうひとつの要因は、豚骨ラーメンが中国人の口に合ったことです。豚骨スープは中国人にとってなじみやすい味。当社が開発した味千ラーメンのスープも、中国人の味覚にマッチしたんです。あとは、日本法人と中国法人で明確に役割を分けたことですね。経営や店舗展開は中国法人に任せ、日本法人は原料提供と品質管理だけに徹しています。つまり、日本法人は中国法人をサポートする形をとっているわけです。

―フランチャイズビジネスではFC本部が主導権を握るのが一般的だと思います。なぜ御社は現地に経営を任せているのですか。

理由は3つあります。1つ目は、スピード。中国の商談では「この場でイエス・ノーを決める」というスピードが当たり前です。「日本に持ち帰って決める」なんてスピードだと、中国では相手にされません。中国で即断即決の経営をするためには、現地法人に裁量を委ねる必要があるんです。

2つ目は、ノウハウ。当たり前ですが、中国のことを一番知っているのは中国人です。当社はラーメンの味のノウハウはあっても、中国の外食マーケット攻略のノウハウはありません。ならば、中国人に任せるべきだと思ったのです。

3つ目は、モチベーション。日本から「ああしろ、こうしろ」と細かく指示されるより、自由に経営できるほうがやる気が出ますよね。ですから、日本法人は味だけにこだわり、それ以外のことを中国法人に任せています。また、利益面でも同様です。本部が多額のロイヤリティを吸い上げると、加盟店はやる気を失います。だから日本の味千ラーメンでは、加盟店から歩合制のロイヤリティは取っていません。その結果、頑張ればその分だけ利益が加盟店の手元に残り、加盟店のモチベーションが上がり、味千ラーメンの拡大につながっています。もともと当社は味千ラーメンを広めることを第一に考えているので、利益は二の次なんです。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(株式会社幕末)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社幕末

経営課題を専門家に相談できるサイト 専門家 130人 掲載中

Copyright © 2013 KEITSU. All Rights Reserved.