株式会社壱番屋 宗次 徳二様インタビュー | 経営課題を専門家に相談できるサイト イチゾウ

わが経営論

株式会社壱番屋 宗次 徳二様インタビュー

Vol.34

株式会社壱番屋 創業者特別顧問 宗次 徳二

2001年11月5日。「カレーハウスCoCo壱番屋」に衝撃が走った。1軒の喫茶店から同社を全国に700店超を展開する大企業に発展させた、創業者・宗次氏が引退。「副社長にあとを託す」と発表したからだ。後継社長のもと、同社は2005年に東証一部へ上場。2012年には新業態も含め国内外で1,300店舗に達するまでに成長した。一代で年商700億円超の企業をつくり、53歳でそれを手放した宗次氏に、成功する事業承継法を聞いた。

※下記は経営者通信29号(2013年12月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。
 

―事業承継を考え始めたのはいつごろですか。

2001年の春です。副社長の浜島(俊哉氏。現・株式会社壱番屋代表取締役社長)をみていて、「ああ、彼はもう経営者として私を超えているな。これはあとをまかせられるな」と思ったんですよ。その日までは、経営を退くなんてことは一瞬たりとも考えなかった。突然、思い立ったという感じですね。

―浜島さんのどんなところをみて、「まかせられる」と思ったのでしょう。

高い経営能力です。その1年前の2000年に、彼を専務から副社長に昇格させました。1992年から経営陣の一員だったんですが、より経営の意思決定に責任をもってもらうためです。それからの彼の仕事ぶりはなかなかのものでした。たとえば出店戦略の決定を彼にまかせる。まったく問題ないんです。「仮に私が決めるとしても同じようにするだろう」という決定をしてくれる。それに気づいたとき、承継を考え始めたわけです。ただし、それはあくまできっかけ。後継者選びでいちばん大事な基準は能力面ではありません。

―もっとも重要な基準を教えてください。

人間性です。仕事をする能力は高くても、ヒトとしての資質に問題がある。そんな人物では社員たちがついていきませんから。「ウラオモテがない」「公明正大である」「まじめで誠実」。こういった人がトップに立つ資格がある。浜島との出会いは、彼が19歳のとき。2号店を出した直後のウチにアルバイトとして入ってきて以来、20年以上のつきあいです。誠実さに欠けるところがあれば、私の耳に悪い情報が入ってくる。でも、そういう話はまったくない。「人間性が高い」とずっと前から評価していた人材に、経営能力もあることを知った。それで「あとをまかせる」と決めたわけです。

―経営者として宗次さんを超えているのは、どんな点ですか。

IT化やグローバル化に対応した経営をしていく、という点です。私はいまだにパソコンをもっていない。スマートフォンもない。面倒くさいからです(笑)。それぐらいITにうとい。トップに知識がないと、会社のIT化が遅れてしまうかもしれない。グローバル化については、私が代表だったときにハワイや中国に出店しました。でも、さらに海外出店を加速していくのに、社長の語学力の低さがネックになりかねない。現地での交渉にトップが出る、なんてこともあるかもしれませんから。でも、浜島なら私よりうまくやってくれるだろう、と。実際、いまではアメリカと中国にくわえ、韓国・タイ・シンガポールなど7つの国と地域に100店以上、展開しています。

―承継を考え始めてから、実行に移すまでの経緯を聞かせてください。

思い立ってすぐに浜島に話したんです。「いつでも譲れるように用意して待っているから、やる気になったら言ってほしい」と。その半年後に「やらせてください」。うれしかったですね。「それなら、すぐに発表しよう」と、翌日に事業承継のトップ人事を発表しました。2001年11月5日のことです。決算期の終わる翌年5月31日をもって、私は代表権を返上。経営から完全に引退したんです。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(株式会社幕末)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

株式会社幕末

経営課題を専門家に相談できるサイト 専門家 131人 掲載中

Copyright © 2013 KEITSU. All Rights Reserved.